とあるスタッフの独り言。

若手会計士が言いたいことを言う場。

2016年社会人1年目について考えるとき。

僕は昔から卒業式や入学式、などのセレモニー的イベントが好きでした。

 連続的な時間の流れに、区切りをつけてくれることで、また次のステージも前に進む気になります。遂に今年からまともに働き始めたわけですが、働き始めるとこの時間を区切るセレモニーはそうそうありません。気付けば年末でした。忘年会だからといって、飲み会であることには基本的に違いありません。もし意識しなければ時間の区切りを感じる瞬間は転職か昇格か引越しか、といったところでしょう。 昇格といっても基本的に当面は横一線のはずで、気付いたら30歳になっていた、というのはそういったセレモニーによって時間を区切るということを辞めてしまうからなのでしょう。
 そこで2016年から毎年自分の考えたことをまとめてみようと思いました。

 

目的としては
① 2016年考えたことを言語化したい
② 将来これを読み返してこの頃の思考力は本当に低かったな、と振り返りたい、
です。

 

 

ran-heim.hatenablog.com

 

 

ran-heim.hatenablog.com

 

 

ran-heim.hatenablog.com

 

 

ran-heim.hatenablog.com

 

 

ran-heim.hatenablog.com

 

 

ran-heim.hatenablog.com

 

気が向いたらまた更新したいと思います。