とあるスタッフの独り言。

若手会計士が言いたいことを言う場。

若手会計士にとっての長時間労働と成長について考えるとき。

入社するまで私は長時間労働は能力の向上に必須だと思っていたが、

そうでもない(特に監査は)と2016年働いてみて思った。

 

成長っていっても沢山の定義があるとは思うんだけど

その成長の1つとして

自分的には物事を多面的にみることができるようになること

があると思う。

実際問題成長しているかは置いといて、

事象を別の視点から考えられるようになると

人は自分が成長したと”感じる”

 

仕事の性質として色ん種類の”成長”があると思うけど、

監査で(特にスタッフで)成長感じる瞬間ってこの瞬間くらいしかないと思う。

 

じゃあその成長感じるために監査で必要なのって

多面的に物事をみることなんだが、

自分で仕事だけしているうちは

自分という一面でしか捉えられなくて、

レビューをしっかり受けることであったり

上司の話を聞いたりして知識を深めることであったりで

面を増やしていくことができる。

 

そして読書も面を増やしてくれる、

あとは心に余裕ももって仕事が終わった後に

仕事と向き合う時間も面を増やしてくれる。

 

1年目の感想としては読書や冷静にゆっくりと向き合う時間が

自分の中の面を増やしてくれたと思っていて、

もしまた社会人1年目をやるならば、ほどほどの労働時間でありたいと思う。

 

あとは長時間労働のチームは面が増えにくい仕事が沢山降ってくるケースが多々ある。

仕事について考える余裕なく、とにかく突合をできるだけ多くしなければならない、ようなチームでは成長を感じにくい。

 

でも来年も再来年もゆるゆる働いていることは問題だとも思っている。

自分に与えられた裁量の大きさも重要なファクターになってくる、からである。

ほどよいタイミングで自分の裁量を増える(増やせる)ことを願う。

(ちなみに監査法人の裁量と年次の関係はちょうどいい気がしている)

 

最初にも述べたが監査と違って労働時間と能力の向上が比例しやすい仕事もあると思っている。

答えがなくてかつ比較的に成果がすぐに測れること、または試行回数と成果に相関関係がある職業がそうなんじゃないかと思う。

例えば営業マンは試行回数と成果と能力開発の相関関係が非常に高い。

試行回数の多さが成功パターンを増やすので、成果もあがり、成長につながる。

 

そんなことを考えました。

2016年の自分について考えるとき。

2016年に考えた自分関連のことを書いていく。

ざくっと。

 

1、効率性の中にある非効率の罠。

 とにかく効率的に生きようとすると全然効率的になれない。むしろ非効率になる、息抜きを定期的にとるように意識しないと時間を無為に使ってしまう。

 

2、 大人も結構悩んでいるということー何もしていないことに対する焦燥感ー

 大人になるとあんまり悩みがないと思ってたが、 想像以上に多かった。特に最近思うのは何かを生み出す活動をしていないことへの焦燥感。特に実際になにかしている人とあったときに何も話すことがなくて、少し焦る。


3、 仕事の時間が長ければ自分の能力があがるというのは誤解だった。

 てっきり働けば働くほど能力があがるものだと思ってんだけど、働いている時間が長いとろくな仕事がなかったり(単純作業おおめになったり)、フィードバックをもらう機会が少なかったりで能力が伸びにくいことに気付いた。特に監査って自分でのフィードバックの質がどうしても低くなる(別の人間の視点からのアドバイスが非常に大事)。出世するのは、労働時間長いチームの人だと思うけどね。これらについてはいつか書き直したいと思う。

 

4、 読書(情報)の重要性を今更学んだ。
 今年は日経とかNewspicksだけでなく、本を180冊ほど読むことができた。目標は250冊くらいだったけど途中からなんだか読むことが目的化してきてしまったので方向を修正した。でも知識は増えて思考も深くなったと本当に思う。2017年は忙しくなると思うけど100冊は読みたい。

 

5、 お金を使う才能
 これは本当に課題なんだけど、圧倒的な弱点だと思うんだけどお金を使う才能が圧倒的にない。ここでいうお金を使う才能っていうのは、単純に浪費することじゃなくて、1000円だして1000円以上の体験をすること、のことをいうんだけど、これがなかなかできない。なかなかできないから、本ばっかり読んでる。もっと体験にお金を使いたい。


6、 メモの大切さ

 自分の考えていることは沢山あるけど凄い勢いで考えたことを忘れていってることに気付いた、半年前の自分のノートみると、こいつ鋭いなっていうことを書いていたりもする。2017年も思ったことは直ぐに書いて読み返して考えを深めていきていきたい。

 

7、自分に甘い。

 2016年の1月に書いた目標として英語の抵抗感をなくすことがあったわけだが、全然なくなってない。毎日自分に甘えた結果全然英語のアウトプットしなかった2017年はこつこつと今夜からやっていきたいと思う。小さなことからコツコツと、をモットーに頑張りたい。

 

以上。

毎日を感じてしっかりしていきたいと思います。

仕事が速い人、遅い人、そしてエクセルについて考えるとき。

エクセルの勉強をすべきかしなくていいか議論、

についての考えをざっとまとめる。

ざーっと書くので誤字脱字あると思いますが、ご了承ください。

 

2種類の情報

まず情報にはざっくり大きく分けて2つに分けられると考える。

①何かを考える上での材料になる情報

例えば、「会計上で収益と費用は対応させよう」という知識がそれにあたる。

②それ自体で完結する料理されきった情報

例えば「1192年に鎌倉幕府ができた」という情報がそれにあたる。

それを基に何かの解決策を考えることはまれにである。

エクセルは自分にとっては②にあたる。

VLOOKを知っていることによって、何か別のことを考える材料にはならない。

イメージとしては、エクセルの情報を頭の片隅にひっかけておいて必要性が生まれたときにさっと出せる程度にしまっておいている。

 

仕事が早い人仕事が遅い人

エクセルできる人は仕事が速い、と思われがちだが、

実際のところ、エクセルのろのろやってるのに仕事が速い人もいる。

逆にエクセル速いけど仕事遅い人もいる。

仕事がはやい人はなんなのか単純に考える。

 

監査という仕事を単純に、

スタート→入力→考える→入力→達成

スタート→入力→考える→入力→達成

スタート→入力→考える→入力→達成

スタート→入力→考える→入力→達成

スタート→入力→考える→入力→達成

とする。

 

なお、考えた結果生まれる成果物の優劣はここでは問わない。テーマはエクセルの勉強についての考察であるし、若手の時なんて基本的に決まった答えのあることをやってることの方が遥かに多いから。

さて、上のモデルで仕事が速い人は以下の要素のを1つ以上持っていると考えられる。

① 「入力」が速い。

②「→」が速い。

③「考える」が速い。

(実は「→」の数自体を減らすのが仕事速い人の特徴だと思うけどそれに関する話は頭の中でもっとクリアになったら書きます。)

エクセルで養える能力は①である。

逆にいうとエクセルできても②③が遅い人は仕事が遅い。

 

上記の①~③ができている人は

おそらく

1、スタートからゴールまで全体像を把握

2、その全体像のうち工程を分解していく

3、ボトムネックを見つける

4、ボトムネックを解消する。

ってプロセスを(意識無意識してるかは知らないが)

頭で考えている気がする。

(上司からのアドバイスや考え方をヒアリングした結果そう思った)

 

結論

エクセルが速いと②と③を如何に速くするか考える時間もできるので、まずエクセル速くなるというのはありっちゃありである。

ただ、この上の1~4の思考を普通にできるようになるのが一番手っ取り早い。

と僕は思う。

だからその1~4の考えをできるようになろう!というのが結論です。

思考力を高めるのが一番汎用性が高い。

 

 

アクション

じゃあその思考できるようにはどうやればいいんだ、という声が聞こえてくるので手段を考えたのですが、結局①読書と②上司が監査しているとき何を考えてるのかをしつこく聴く事、の2つくらいしかないのではないかと思いました。

 

無知はきびい。

 

ただ、落とし穴があって、

本当にエクセルの知識がない場合、

自分が何に困っているか分からなかったり、検索ワードが分からずググれない、なんてことがありうる。これではなかなか効率よくエクセルのスピード速くならない。

マジで何も知らない人はさすがに学んでおいてほしい

(でも法人によっては入社までにエクセルのテストがあったり研修でエクセル研修があったりすることもあるよ)